各種設定

いい番頭を利用するための初期の設定です。
こちらを設定して、初めていい番頭を活用することができます。

<メールアカウントは発行済みですか?>

メールアカウントに設定する前に、メールアカウントの作成が済んでいるかどうか、確認する必要があります。既に何かしらのメールソフトで、メールの送受信が問題なくできているようであれば、スムーズに設定することができます。作成が済んでいるかどうかは、メールアカウントを新規に作成する画面で確認できますので、事前に確認をしておきましょう。

種別 夢店舗 MyDoショップ
いい番頭の規定のメールアドレス 「banto@ドメイン名」
例:info@cysupport.jp ※1
「banto@ドメイン名」
例:info@cysupport.jp ※1
受信メールサーバー 「mail.ドメイン名」
例:mail.cysupport.jp
mail.shopserve.jp
SMTPサーバー 「mail.ドメイン名」
例:mail.cysupport.jp ※2
mail.shopserve.jp ※2
アカウント名 「banto@ドメイン名」
例:info@cysupport.jp ※1
「banto@ドメイン名」
例:info@cysupport.jp ※1
パスワード ※1 の、メールアカウント作成画面にて確認することができます。 ※1 の、メールアカウント作成画面にて確認することができます。

※1.「banto@ドメイン名」をいい番頭の規定アドレスにしてあります。メールのアカウントが無い場合、提供ソフトのメールアドレス作成画面にて、新規作成しておく必要があります。

※2.SMTPサーバーは、プロバイダの種類により、別の指定じゃないと動かない場合もあります。通常の設定で動かない場合は、プロバイダ各社様や弊社へお問い合わせください。

いい番頭のメール設定

●メイン画面の「各種設定」画面を開きましょう。 次に、「各種設定」画面の「環境設定」画面を開きましょう。

「メールアカウント設定」を行いましょう。
メールアドレスの欄に、test@というメールアドレスが設定されています。
そちらをクリックすると、そのアドレス欄が青く色が変わります。
下にある「メールアドレス」に受信するアドレスを設定してください。

●次に「POPサーバ名」、「SMTPサーバ名」にサーバのアドレスを設定してください。
「メールアカウント名」と「メールパスワード」を設定してください。

●次に、下に「受信したメールをサーバから削除」という項目があります。
削除する場合はチェックをつけてください。
削除しない場合は、チェックをつけないでください。
全ての内容が設定できましたら、「修正」ボタンを押してください。登録内容が変更されます。

※メールアカウントの設定後、「その他のメール」→「新規作成」から操作し、メールの送受信テストを行いましょう。

送受信メール設定

●次に、「送受信メール設定」の画面を開きましょう。

「送信メール」はメールを送信する際に、お客様宛に届くメールアドレスを選ぶことが出来ます。
例:発送完了メール→info@test.co.jp メールマガジン(以降メルマガ)→mailmaga@test.co.jp
ただし、「メールアカウント設定」で設定したアドレスだけ適用できますので分ける場合は「メールアカウント設定」でメールアドレスを追加してください。
「送信元アドレス」欄に逆三角形のボタン(以降プールダウン)があります。
こちらをクリックしていただくと、設定したメールアドレス一覧が表示されますのでその中から選んでください。

設定が終了いたしましたら、左下の「修正」ボタンを押してください。

●次に「受信メール」画面を表示し、設定したメールアドレスが確認できます。
(設定したのに表示されていない場合は、左下の「再読込」ボタンを押してください。)
受信するメールアドレスを選び、それぞれのアドレスの左横にあるチェックボックスにチェックをつけてください。
チェックをつけたら、左下にある「修正」ボタンを押してください。
以上でメールの設定が完了いたします。

ショップ情報設定

お店の情報を入力します。

こちらを入れることで、納品書にショップ情報の情報が明記されます。

また、署名欄はメール送信の署名に反映されます。

その他環境設定

●メイン画面の「各種設定」画面を開きましょう。
次に、「各種設定」画面の「環境設定」画面を開きましょう。

「環境設定」内の「その他設定」画面を開いてください。

「受注情報の初期情報」の設定を行います。
受注した際に、初期情報として設定した内容が受注情報に適用されます。
「配送業者」は、初期が日通ペリカン便になっています。
自分のお店がヤマト運輸さんをご利用になっているのであればプルダウンを押していただきますと設定されている配送業者さんの一覧が表記されますのでそこから選んでください。
(一覧に利用している配送業者さんがない場合は「環境設定」内の「配送業者設定」にて追加、変更できます)

●次に「伝票区分」を設定します。
こちらは、「代引き」か「元払い」かどちらを中心に設定するかを予め選んでおきます。
代引きを取り扱いになっているのであれば「代引き」に設定しておきます。
設定が終了しましたら「修正」ボタンを押してください。

メール定形文設定

●いい番頭では、用途にあわせてメールを送信することができます。
そのメールの定形文を設定いたしましょう。
メイン画面の「各種設定」画面を開きましょう。

次に、「各種設定」画面の「環境設定」画面を開きましょう。

「環境設定」内の「メール定形文設定」ボタンを押してください。

「メール定型文設定」内に初期設定ですでに入っているものがあります。
その中から、変更するメールの内容を選んでダブルクリックしてください。
例えば、表示2の発送完了メールを修正する場合。
選んでダブルクリックをします。

上記のような画面が表示されます。
「タイトル」 → いい番頭内で管理するための名前です。
「件名(Subject)」 → お客様宛に届くメールの件名(タイトル)になります。
「ヘッダー」 → メール内容の頭の部分(初めのあいさつ文などを入れる)
「フッター」 → メール内容の締めの部分(終わり文、会社名や連絡先など)を入れて「修正」ボタンを押してください。
最後に「閉じる」ボタンを押して終了になります。
その他のメールも用途にあわせて、自分の店オリジナルのメールを作成することをおすすめいたします。
初期設定の内容にないメール定型文を作成する場合は「メール定型文設定」画面の左下に「新規登録」ボタンがありますので押してください。
なにも記入していないページが出てきますので上から順に入力してください。
「表示項目」 → 初期設定で「5」までありますので「6」と設定。
それ以降は順番に数字を振ってください。
「分類」 → なんのためのメールなのか選んでください。
例えば、懸賞用のメール定型文を作成する場合は「懸賞」を選択。
その一覧の中に、設定したい分類がない場合は「各種設定」内の「メール分類設定」で新規登録もしくは修正してください。
以下は上記で説明したことと同じになります。
すべて設定いたしましたら、左下の「追加」ボタンを押してください。
自動的に追加されていきます。
※「追加」ボタンを押したのに表示が変わらないと思い、何度も押していると同じものが何個も作成されてしまいます。
気づかないかもしれませんが、表示項目の番号が変更しています。
最後に「閉じる」ボタンを押してください。
※「メール定型文設定」画面に戻ってみたら、自分が設定したメール内容が表示されていなかった場合、左下に「再読込」ボタンがありますので、そちらを押していただきますと表示されます。

メール引用項目設定

受注確認メール、発送完了メール、入金確認メールの設定表示項目を変更できます。

設定表示項目は上記のように表示される内容になります。
変更する場合は、「メール引用項目設定」画面で変更するメールを選んでください。
選びましたら、「設定項目一覧」から必要のない情報はチェックをはずしていただき、左下にある「修正」ボタンを押してください。


    メニュー
  • はじめに
  • 各種設定
  • 受注処理
  • 受信処理2
  • 完了処理方法
  • 返信処理
  • 問い合わせ対応
  • ダイレクトメール送付
  • データ保守
  • 便利なメールテンプレート
  • エラー一覧
  • 取り込みフィルタ
  • 動画一覧