ダイレクトメール送付

ヘッダー、フッターの作成

いい番頭の「各種設定」へ

種設定内の「メール定型文設定」へ

「メール定型文設定」内の分類がDM(メルマガ)を選んでダブルクリック。

メール定型文を設定できる画面に変わります。

「タイトル」を入力します。
このタイトルはお店様が複数のメルマガ定型文を区別するためのものです。

次に「件名」を決めます。
この件名はメールの題名になります。

「ヘッダー」を作成します。
ヘッダーはメールの頭文になりますのでお届けする相手の名前やあいさつ文を入力します。

「フッター」を作成します。
ヘッダーはメールの結びの部分になりますので、自分の会社の情報、締めのあいさつ文を入力します。

すべて入力し終えたら、「修正」を押してください。

定型文がこれで作成されます。

ダイレクトメール配信

いい番頭の「各種設定」へ

ダイレクトメールのメイン画面に移動します。

ここでは、どのお客様にDMを送るかを決めて、その情報に合った顧客情報を探し出します。

登録しているお客様全員に送る場合は何も選ばず、そのまま「検索」を押します。

※検索した際に、同じメールアドレスが重複していることがありますので「顧客重複チェック」にチェックをつけて「検索」を押すと検索結果がログ表示されます。
ここで、重複しているアドレスを控えてください。

下の欄に表示されたお客様の中から、DMを送信したい方にカーソルを合わせてクリックすると下記のように、色が変ります。
その状態で、「作成」をおしてください。「メール定型文」が表記されます。

まずは、「分類」を選びましょう。 「▼」 を押すと「分類」が一覧として表示されますのでその中から「DM](メルマガ)」を選択してください。

次に、「タイトル」の「▼」を押して、何のDMを送るか選んでください。

選びますと、最初に「各種設定」で設定した「定型文」が「ヘッダー」と「フッター」に表示されます。

次に「定型使用」を押してください。


「重要度」 → このメールが重要なのかそうではないのかを指定することができます。

「送信者」 → 送信元アドレスです。これは、お客様先に届くお店様のアドレスになります。
※いい番頭の「環境設定」で登録したアドレスのみ選ぶことができます。

次に「本文」内に、今回送るDMの内容を書き込みます。

書き込みが終了しましたら、「登録・修正」を押してください。

「登録・修正」したら、「送信箱へ」を押してください。

送信するお客様を選んで左下の「送信」を押してください。以上で配信されます。


    メニュー
  • はじめに
  • 各種設定
  • 受注処理
  • 受信処理2
  • 完了処理方法
  • 返信処理
  • 問い合わせ対応
  • ダイレクトメール送付
  • データ保守
  • 便利なメールテンプレート
  • エラー一覧
  • 取り込みフィルタ
  • 動画一覧