いい番頭 よくある質問

  • HOME
  • いい番頭 よくある質問

Q&A(よくある質問)

Q1.顧客マスターを登録しないと使えませんか?

登録する必要はありません。
『いい番頭』では、受信した注文メールから顧客マスターを自動的に作っていきます。コツコツと手作業で登録する必要はありません。

Q2.商品マスターを登録しないと使えませんか?

登録する必要はありません。
『いい番頭』では、商品マスターを参照する処理を行っていませんので、商品マスターの登録は不要です。導入時に全商品のデータを登録するような手間は一切かかりません。ソフトの設定が終わればすぐに使えます。

Q3.添付ファイルは取り込めますか?

取り込めません。
ファイルが添付されたメールが届いた場合、添付ファイルは破棄され、メールの本文のみを受信します。添付ファイルを受信する必要がある場合は、『いい番頭』で受信するメールアドレスとは別のメールアドレスに送ってもらうように依頼してください。

Q4.今までのメールアドレスをそのまま使えますか?

お使いいただけます。
一般的なメールソフトのように「アカウント」や「パスワード」や「POPサーバ」等を設定すれば、今までのアドレスに届いたメールをそのまま受信できます。また、受信用メールアドレスはいくつでも設定可能です。

Q5.メールサーバーからの受信方式について教えてください。

POP3プロトコルのみとなります。(IMAP4には未対応です)

Q6.半角カタカナは表示できますか?

半角カタカナが含まれたメールを受信すると、文字化けして表示されます。
(送信メールに半角カタカタが含まれていた場合は、全角カタカナに自動変換されて送信されます。)

Q7.添付ファイルは送信できますか?

できません。
『いい番頭』は、添付ファイルの送受信を行えない仕様となっています。

Q8.HTML形式のメールは作成(送信)できますか?

できません。
『いい番頭』は、添付ファイルの送受信を行えない仕様となっているため、HTML形式のメールも作成(送信)できません。

Q9.SMTP認証(SMTP-AUTH)には対応していますか?

対応しています。

Q10.ダイレクトメールを一斉送信できますか?

できます。
送信するダイレクトメールの本文の1行目には、「顧客氏名+様」が自動的に入ります。
メールの送信先は、以下の条件で絞り込むことができます。
・顧客番号
・顧客氏名
・郵便番号
・都道府県
・性別
・年齢
・誕生日
・メール種別(PCアドレスor携帯アドレス)
・DM区分
・職業
・メール分類
・受注分類
・受注日
・発送日
・支払方法
・購入商品

Q11.POP before SMTPには対応していますか?

対応しています。

Q12.受信したメールからどうやってデータを「いい番頭」に取り込むのですか?

「取込フィルタ」という設定を使って、注文メールの本文を解析し、お名前等の顧客データや商品名等の受注データをデータベースのそれぞれの欄に登録します。
自動的にデータが登録されますので、一項目づつデータベースに”コピー&貼り付け”する手間から解放されます。

Q13.既に受信してある過去の注文メールを取り込めますか?

他のメールソフトに残っている過去の注文メールを、『いい番頭』に設定した受信用メールアドレス宛に転送し、それを『いい番頭』で受信していただくことにより取り込みが可能です。

Q14.PGPで暗号化されたメールは取り込めますか?

PGP暗号化メールの復号化機能はありません。

Q15.複数の異なるフォーマットの注文メールも取り込めますか?

「取込フィルタ」は何種類でも設定していただけますので、複数のフォーマットに対応可能です。

Q16.注文メールの件名の一部が、受注ごとに変化するのですが、取り込めますか?

件名の「前方が一致」していれば可能です。

Q17.お届け先が2ヶ所以上記載されている注文メールも取り込めますか?

取り込めません。
1回のご注文で2ヶ所以上のお届け先を指定できる場合、その注文メールは取り込まず、手動で受注データを登録していただく必要があります。

Q18.本文がないメールを受信して送信元メールアドレス(From)だけを取り込むことはできますか?

できません。
『いい番頭』では、メール本文に記載されたデータのみが取り込みの対象となります。
ヘッダーの情報を取り込むことはできません。

Q19.『いい番頭』から出力できるCSVデータのレイアウトを教えてください。

CSV出力機能では、出力するCSVデータのレイアウトやデータのフォーマットを、ユーザー様ご自身で設定していただくことが可能です。

Q20.商品によって消費税の扱いが異なるのですが、設定はできますか?

『いい番頭』では、商品毎に消費税の設定をすることはできません。
「内税」「外税」「非課税」のいずれかで統一していただく必要がございます。

Q21.商品によって送料が異なるのですが、大丈夫ですか?

『いい番頭』では、注文メールに記載されているデータをそのままデータベースに取り込みますので、商品毎に送料が異なる場合でも、実際にかかる送料が注文メールに記載されていれば、それを取り込めば問題ありません。
ただし、受注データを手動登録される場合は、あらかじめ送料を計算していただく必要があります。

Q22.送料の設定はできますか?

「お届け先の都道府県別」の送料と「商品合計金額別」の送料をそれぞれ設定することができます。
「荷物の大きさとお届け先によって送料が変化する」等の場合には対応できません。

Q23.顧客別の累積売上額は分かりますか?

顧客毎に受注履歴を確認することはできますが、累計売上額を算出する機能はありません。

Q24.顧客番号は自由に付けることができますか?

できません。
顧客データが作成された順に「いい番頭」が自動で番号を振る仕様になっています。

Q25.顧客データにはどのような項目がありますか?

以下の項目があります。
・状態
・リピータ区分
・顧客氏名
・ふりがな
・郵便番号
・住所
・電話番号
・FAX番号
・連絡先
・PCメールアドレス
・携帯メールアドレス
・DM区分
・性別
・生年月日
・職業
・支払方法
・URL
・備考
・メモ欄×4つ

Q26.印刷可能な配送品伝票の種類を教えてください。

次の5社10タイプの配送品伝票(連続紙)に対応しています。
●日通のペリカン便(元払/代引き)
●ヤマト運輸(発払/コレクトサービス)
●佐川急便(元払/eコレクト)
●ゆうパック(元払/代引き)
●西濃運輸(元払/代引き)
配送品伝票はカーボン複写式ですので、印刷にはドットプリンターが必要です。

Q27.タックシール(住所ラベル)を印刷することはできますか?

できません。
【補足】『いい番頭』のCSV出力機能を利用して、お名前やご住所等の必要なデータを出力し、ハガキ・封筒印刷に対応した印刷ソフトで取り込めば、簡単に印刷していただくことが可能です。

Q28.ハガキや封筒の宛名を印刷することはできますか?

できません。
【補足】『いい番頭』のCSV出力機能を利用して、お名前やご住所等の必要なデータを出力し、ハガキ・封筒印刷に対応した印刷ソフトで取り込めば、簡単に印刷していただくことが可能です。

Q29.帳票のレイアウトを変更することはできますか?

「いい番頭」のCSV出力機能を利用して伝票印刷用のデータをCSV形式で出力し、レイアウト変更に対応した伝票印刷ソフト(例:ヒサゴ 送り状印刷2001)でCSVデータを取込み、印刷する事が可能です。

Q30.ショッピングカート、CGIを作成する機能はありますか?

ありません。
『いい番頭』は、注文メールやCSVファイルから自動で受注・顧客データベースを作成し、いろいろな帳票の印刷やメールの送信を行なうソフトです。ホームページやショッピングカート等の仕組みは別途ご用意いただく必要があります。

Q31.在庫管理機能はありますか?

ありません。
『いい番頭』は何千点、何万点ものアイテムを管理されるショップ様でも簡単に導入していただけるよう、商品マスターを持たない(事前に商品登録をしなくても良い)仕様になっているため、在庫管理機能はございません。

Q32.複数の屋号に対応していますか?

対応していません。
『いい番頭』に登録できるショップ情報は、1店舗分のみとなっています。

Q33.メールでのお問い合わせも履歴として残せますか?

受信したメールはすべて顧客データと結び付けることができます。
注文以外のメールのやり取りも各顧客データに履歴として残せるので、「このお客様とは過去にこんなやり取りがあったんだ」等、簡単に把握できます。

Q34.ダイレクトメールを一斉送信できますか?

できます。
送信するダイレクトメールの本文の1行目には、「顧客氏名+様」が自動的に入ります。
メールの送信先は、以下の条件で絞り込むことができます。
・顧客番号
・顧客氏名
・郵便番号
・都道府県
・性別
・年齢
・誕生日
・メール種別(PCアドレスor携帯アドレス)
・DM区分
・職業
・メール分類
・受注分類
・受注日
・発送日
・支払方法
・購入商品

Q35.データベースフィールドの追加はできますか?

データベースの項目をユーザー様によって追加していただくことはできません。
ただし、ご自由にお使いいただけるメモ欄(名称は変更可能です)を各画面に数ヶ所ご用意しています。

Q36.入金の管理はどこまでできますか?

入金済か未入金かの管理はできますが、入金日・分割入金額、未入金一覧表の出力などは未対応です。

Q37.データは何件まで登録できますか?

『いい番頭』では、登録データ件数に制限は設けておりませんが、データベースにMicrosoft Access 2000のMDB形式を利用しているため、データの限界容量はAccessの限界容量に依存します。
Microsoft社がサポートしている容量は「2GB」とのことですので、それ以上のデータに関しては自己責任でご利用ください。
なお、データベースを安定した状態でご使用いただくため、不要なデータはできるだけ削除してください。

Q38.「Microsoft Access 2000」がなければ使えませんか?

『いい番頭』をご使用いただくために「Microsoft Access 2000」は必要ありません。『いい番頭』をインストールするだけで全機能をご利用いただけます。